スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazon週替りセールにて日本語版Crysis3が1250円

Amazonの週替りセールで、日本語版Crysis3がお値段半額の1250円になっている。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00AIGCROI/

ということで買い。
ちなみにセール期間は1/30まで。

Origin_crysis3.jpg


日本語字幕だけでなく、音声も日本語吹き替え対応。

crysis3 2014-01-24 13-21-11-95 crysis3 2014-01-24 13-27-11-53
関連記事
スポンサーサイト

G13r設定詩人用

G13_ff14.jpg

使っていくうちに変えていくかもしれないが、土台はこんな感じ。
歌以外のWSと一部のターゲット操作はNaga2014に回している。
関連記事

G13r Advanced Gameboard

DSCN14781.jpg

Logicoolの左手用ゲームキーボード「G13r」こうた。
http://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/product/g13-advanced-gameboard

以前はrが付かない「G13」の名称で売られていたものなのだが、"名前だけ変えて"リブランド。
G13の頃は確か6000円ぐらいでよくセールされていたと記憶しているが、G13rになってからは店頭価格約8000円程と価格も上昇している。
外見も中身も変わっていないくせに生意気なデバイスだ。
購入に際しては同様のデバイスである「Razar Orbweaver」等も比較対象となったが、スティック部分がG13rはアナログ対応しているのに対して、Orbweaverはデジタルのみ。
最終的にこれが決め手となってG13rをチョイス。

DSCN148400.jpg



DSCN14780.jpg

お隣は絶賛愛用中のマウス「Razar Naga2014」。
Naga2014と比べるとかなり大きいことが分かると思う。
ある程度、設置スペースに余裕が無いと邪魔臭いと思われ。



DSCN1484011.jpg

まだ大雑把ではあるが、とりあえずキー設定をしてFF14で使用してみる。
設定は直感的に出来て使いやすい。
折角のアナログジョイスティックということで、移動はそちらに割り振ってみたが、スティックの先端(キノコ状になっている部分)が小さすぎて指が滑りやすく、ちょっと使いにくい。
検索してみると、このスティック形状は不評らしく、あれこれ試行錯誤して改造している人も多いようだ。
今まではキーボードでWASD移動していたので慣れもあるだろうが、この部分はもうちょっとなんとかしたい。
関連記事

クリア BioShock Infinite Burial at Sea

BioShockInfinite 2014-01-18 13-11-07-9

クリアまで大体3時間~4時間ぐらいか。
嗚呼、懐かしの海底都市ラプチャー…ではあるが、ちょっと見て回ったと思ったらさっくり終わるボリュームしかなく、余韻に浸るには少々物足りない。
シーズンパス$4.99という購入価格でもあるし、個人的には十分許容範囲内だが、もしDLC単体のお値段($15)で購入していたら後悔していたかも。
なお、続編(?)となるEP2ではエリザベスを操作することになるとかなんとか。
楽しみ。

#本編クリアを前提としてネタを作ってあるので、必ず本編をクリア後してからこのDLCはプレイしましょう。
まあ、本編の前にDLCからプレイする奇特な人はそうはいないとは思いますが。
関連記事

野原ひろし無し BioShock Infinite Burial at Sea

BioShockInfinite 2014-01-12 05-48-59-36

本編に続いて、DLC「Burial at Sea」もプレイ開始。
舞台は空中都市コロンビアから海底都市ラプチャーへとバトンタッチ。
主人公は本編と同じくプッカー・デュイット。
ヒロインのエリザベスも登場するが、本編と比べると年齢も上がり、少々スレた感がある。
また互いに面識も無いようなのだが、さて…。

残念ながら音声吹き替えは無く、字幕のみ日本語対応となっている。
関連記事

CV野原ひろし、再び Bioshock Infinite

BioShockInfinite 2014-01-11 06-43-22-72

途中で放置してクリアしないまま、延々と寝かし続けてきちゃったりしたゲーム。
ホリデーセールでのシーズンパス購入を機に再プレイ開始。
「程よく内容も忘れている事だし、どうせなら…」と最初からやり直しているのだが、1や2にあったハッキング等のミニゲームが無い分、テンポ良くサクサクと進めることができる。

しかしあれだね、やり直して改めて思ったが、演出が実にゴージャスで派手だね。
少々鼻につく感もあるが、まさにAAAタイトルといったところか。



2014/01/12追記。
クリア。
途中あちこちに本筋とは外れたサイドミッションが散りばめられているが、そちらはほとんど手を付けずにほぼメインストーリーだけを追いかけた。
エンディングのクレジットロールの最後の最後に、ちょっとした、但し意味深なシーンがあるので注意。
幸いYoutube等にそのシーンだけアップしてくれている人もいたりするので、うっかり飛ばしたちゃった場合はそちらで補完することも可能。
#勿論、最後のチェックポイントからやり直す事もできるが、そこそこ巻き戻されるので面倒ではある。クレジットロールも結構長いし。

ストーリーについては特にここでは触れないが、一度ゲームをプレイしただけで色々と読み解くのは困難と感じた。
気になるところは素直に考察サイトでも見たほうが精神的に良さ気。
設定的にある意味なんでも有りなんで、逆にあまり深く考えないというのも有りだと思う。

BioShockInfinite 2014-01-11 23-54-11-01
関連記事

Pagination

Utility

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

サイトー

プリンセスサイトー

公式テーマソング https://www.youtube.com/watch?v=1kYqnGkn5Ds

PC環境:
CPU: Corei5 4670K
MEM: 16G
VGA: ASUS GTX TitanX

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。