スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デブよさらば Dark Souls: Prepare To Die Edition

ぼこぼこにされた新エリアは後のお楽しみにとっておいて、PS3版で探索していなかったエリアを巡る旅に出る。
PS3で遊んでいたときはガッ~っとアノール・ロンドまでは一気にクリアしたのだが、その後、他のゲームもちょこちょこと遊んでいたら、熱が冷めてしまい、結局それ以降は止まってしまっていたのだ。
今回はPS3で遊んだときと同じ辺りまで速攻来れたのもあって、僕のハートはまだまだ熱いよ。

Dark Soulsは良くも悪くも覚えゲーの要素が強いので、一度経験していれば進めるのは大分楽になる。
その分、未踏破のエリアや未知の敵と遭遇した時の緊張感がパない。
まあ、この緊張感が堪んねえといいますか、このゲームの醍醐味でもある訳です。



DATA 2012-08-30 21-01-54-11 DATA 2012-08-31 15-50-48-06

デーモン遺跡(前半部分は大きな炎の種火を取りに行ったことがあるので、実質後半部分)と、そこから続く廃都イザリスも今回初めて訪れるエリア。
デーモン遺跡はその名の通り、ゲーム序盤にボスとして戦った「牛頭のデーモン」や「山羊頭のデーモン」が雑魚としてウロウロしている地域。
初めて訪れたときはビビったものだが、今はこちらも大分装備が良くなっている。
複数の敵との戦闘は避けて、崖からの落下死に注意すれば恐れることはねーぜ!…とやってたら、敢えなく叩き潰されたので油断大敵。
いや、このゲームは死ぬ時はほんとさっくり死にますから。

デーモン遺跡で懐かしの…というほど昔でもないが、ゲーム開始直後に出会う不死院のデーモンと同タイプのボスと出会う。
ただし、こちらは不死院のデーモンと違い、体が真っ赤に燃えている。
新型のデーモン、ファイヤーデブだ。

DATA 2012-08-30 14-16-07-66 DATA 2012-08-30 14-16-07-69

でも所詮はデブなので、ボディプレスと衝撃波に注意しつつ、でかいケツを叩いていれば良いだけのデブでありました。

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://dorallica.blog47.fc2.com/tb.php/1571-980ab17a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

サイトー

プリンセスサイトー

公式テーマソング https://www.youtube.com/watch?v=1kYqnGkn5Ds

PC環境:
CPU: Corei5 4670K
MEM: 16G
VGA: ASUS GTX TitanX

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。