スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Corsair H100i CW-9060009-WW 取り付け その3

ハードウェアの設置は済んだので、次はソフトウェア。
H100iは単体でCorsair Linkに対応しているのでインストールしてみる。
ちなみにサブ機のOSはWindows8.1なのだが、現在8.1に対応しているCorsair Linkはβ版のv2.5.5145のみの模様(レジストリを書き換えれば他のVersionも動作するらしい)。

Corsairのユーザーフォーラムからβ版をDL。
http://forum.corsair.com/v3/showthread.php?t=124790

CorsairLink_001.jpg CorsairLink_002.jpg

β版だが、とりあえずうちの環境ではインストールと起動には問題は無さげ。
温度やファンの回転数を表示しているアイコンはドラッグして好きな場所に配置することができる。
背景のPCケース画像も標準で用意されているものの他に、自分で撮影したPCケース画像を使用することも可能。
というか、要するにただの背景画像なので、別にPCケースに全く関係無いお好きな萌え画像を使っても構わない。

Corsair Linkをインストールすることで、ウォーターブロックのLEDの色を変えることもできるようになる。
温度に合わせて色を変化させるなんてことも可能。
まあサイドパネル閉めちゃえば見えないんですけどね。
余談だが、Define XL R2のサイドパネルはマジ重いので、うっかり落として床を傷つけたり、怪我をしたりしないように注意。

CorsairLink_003.jpg CorsairLink_004.jpg

ファンの回転数制御。
CPUの温度に合わせて回転数を変えるようにしてあるが、まだ冷え具合がどんな感じか煮詰めていないので数値は適当。

CorsairLink_005.jpg CorsairLink_006.jpg



2014/03/27追記。
とりあえず上記設定でOCCT Linpack AVXを30分回してみる。
i7 2600K 4.2GHz 1.26v、気温約25度。

2014-03-26-22h42-Temperature-Core #1

約60度。
ん、まあ大体こんなもんかしら。
この時のファンの回転数は最大で約2000rpm。
それなりにうるさいが、PC電源ON時の全開状態(起動から数秒間、ファン最高回転約2700rpmで回る)に比べればまだマシ。
全開状態はやばい。
まじで。
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://dorallica.blog47.fc2.com/tb.php/1886-73a52857

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

アーカイブ

プロフィール

サイトー

プリンセスサイトー

公式テーマソング https://www.youtube.com/watch?v=1kYqnGkn5Ds

PC環境:
CPU: Corei5 4670K
MEM: 16G
VGA: ASUS GTX TitanX

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。